~ Kamogawa Marrige Support ~

かも婚 ~ しあわせナビ ~

イベント・セミナーレポート

鴨川市【夏婚 2017】開催レポート

本格的な夏の到来を思わせる日差しの中、「夏婚 2017」を開催しました。
当日は、男性24名,女性25名の計49名にご参加をいただきました。ありがとうございます。

小柴副市長からのご挨拶で会がスタート。
諸注意とスタッフの紹介が終わったら、早速「お見合い回転」に入ります。

鴨川市【夏婚 2017】

プロフィールカードを交換して、3分間という限られた時間の中でお見合いをしていただきます。
3分が経過したら、プロフィールカードを元に戻して、男性は右隣の席へ。
途中休憩を3回挟みながら、これを25回繰り返していただきました。

鴨川市【夏婚 2017】

皆さん最初の2・3回は大層緊張されているようで、堅い空気が会場を包んでいましたが、だんだんと慣れてくるのに合わせて明るい空気が漂い始めます。
半分を過ぎた頃になると、後ろ髪を引かれたかのように、中々移動できない男性の姿がちらほらと。

お見合い回転が終わると、皆さんお待ちかねのランチタイムです♪
立食のビュッフェスタイルでしたが、テーブルの周り以外にも皆さん思い思いの場所で召し上がっていました。
リラックスしてお食事を取っていただくのが第一なのですが、当然婚活中ですのでお皿や飲み物をスマートに渡せる方は男性女性問わず、とても素敵だと思います!

ランチタイムの後は、これまでであればフリータイムとしていましたが、今回は初の試みとして「レクリエーションタイム」なるものを行いました。
○×ゲームの要領で、A・B・C三択の質問をして、同じ選択肢を選んだ方とお話しをしていただくというシステムです。

鴨川市【夏婚 2017】

中々積極的に話しかけたり、話しかける話題を見つけるのが難しいという方の手助けになればというのが一つ。
「いいな」と思う方が段々と絞られているタイミングで、相手の考えや感覚、価値観を知ることのきっかけにしていただきたいというのが一つだったのですが...

選択肢のセンスが今一つだったようで...盛り上がっているグループもありましたが、やや盛り上がりに欠けるグループも。皆さんの反応を次に活かしていければと思います。

レクリエーションタイムの後は、そのままの流れでフリータイムに入ります。
積極的に話しかけにいく方もいれば、スタッフを通じて相手をお呼びする方もいらっしゃいました。
フリータイムは、お相手と会話をする最後のチャンスになります。「どうしても自分からは話しかけにいくことができない」、「相手は別の方と話しているから申し訳ない」と遠慮や躊躇してしまう方は、是非ともスタッフをご活用ください。

さて、フリータイムが終わると、マッチングからカップル発表という流れになりますが、その前に、今回初めての試み第2弾!ということで、「ベストコーディネート賞」を設定しました。
当日の参加者の中で一番オシャレな方を選出しようというこの企画、男性は女性に、女性は男性に投票をしていただきます。

鴨川市【夏婚 2017】ベストコーディネート賞

お二人の素敵な笑顔を皆さんにご紹介できないのが本当に残念です!
男性は夏らしく、ライトブルーのボタンダウンのワイシャツ+ノンダメージのブルージーンズ+白スニーカーと爽やかさの王道を行く組合せ。ご本人の日焼けした肌に非常にマッチしていました。上下共にロールアップすることで軽さを出していることがポイントです。
女性は...あまり女性のファッションには明るくありませんが、ふんわり目のトップスをモノトーンで纏めた、とてもスタイリッシュなコーディネートだと思います。こういったイベントでは、煌びやかになり過ぎても浮いてしまいますし、ご本人の雰囲気に非常にマッチしたファッションでした。

そして、皆さんドキドキのマッチングですが、男性女性ともに素敵だなと思った方を第2希望まで書いていただいた結果、今回は8組のカップルが誕生いたしました。
おめでとうございます!
月1回の担当相談員へのご報告、お手数ですがよろしくお願いいたします。

残念ながらカップルにならなかった皆さんも、長時間に渡り本当にお疲れさまでした。
終了後、連絡先を交換されている方の姿をちらほらと見かけました。連絡を取り合う中で、イベント中では知ることのできなかった素敵な部分を見つけて、交際に進むこともあろうかと思います。
また、交際へ伸展はしなくとも、どこか別の婚活イベントでバッタリ出会うかもしれませんし、街中でお会いすることがあるかもしれません。同性・異性に関わらずですが、あの会場で知りあった方とのご縁をどうぞ大事になさっていただければと思います。

【お詫び】
ベストコーディネート賞・カップル発表と続けて不手際があったことをお詫び申し上げます。
以後、再発防止のためチェック機能の強化に努めてまいります。大変失礼いたしました。

(文責:スタッフA)